スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新婚旅行でインドに行ってきた!その3(1日目:日本→香港→デリー)

新婚旅行でインドに行ってきた!その2の続きです。
前回まではうだうだと文章ばかり書いていましたが、今回の記事以降は写真中心の構成でじゃんじゃん旅の様子をレポしていきたいと思います!


両親に金魚の世話をお願いして、いざ飛行機。実に5年ぶり。


今回は、香港を経由しました。

↑は空港内のお店の名物っぽかった魚の練り物が入ったヌードル。インドでは絶対食べられない優しいお味。
久しぶりの海外にテンションの上がった私はこの時、スマホで動画を撮って、人生で初めてInstagramのストーリー(24時間で消えるお洒落な動画投稿するヤツ)をアップ。「Hong Kong now♡」的な浮かれポンチなフォントを入れたりして、旅の様子を定期的にストーリーにアップしよ〜とわくわくしていました。
そう、翌日事件が起きるまでは・・・


香港から約6時間で、ついにインドに到着!!

写真は、デリーの空港。夜に着いたこともあって、ちょっと肌寒い。予約の段階で、その日泊まるホテルの運転手さんが空港までお迎えに来てくれることになっていました。

しか〜〜〜し、地球の歩き方には、「空港を出ると怪しいツアー勧誘の人がたくさんいて、信じてついていくととんでもない金額で勝手にツアーを組まされたりするので注意!」とか「自分の名前の書いたプレートを持っている人も、隣の名前を見て真似して書いて騙そうとする人の可能性もあるから注意!」と、空港を降りてからの注意事項がめっちゃ書いていたこともあって、超ビビリながら運転手さんを探す。
人混みを抜けて、出迎えに来てくれた運転手さんと無事に合流し、ホテルに移動開始。

空港から町中に移動すると、まず驚愕するのが、交通ルールの無視っぷり。信号無視は当たり前。2車線に3台4台の車が止まるのも当たり前。「俺ここにいるから、轢くなよ!」という意味合いで使われるために常に鳴りまくるクラクション。逆に何で事故にならへんねん?と不思議に思うほど、本当に無法地帯!!

↑を見ていただければ雰囲気は伝わるかと…
インドを旅するならこの道路横断テクニックは必須。「止まれやオラ」ぐらいの強気で運転手を睨みながら、車がビュンビュン走る道を横断します。一番手っ取り早いのは、地元の方の後ろに付いていくこと。だんだんと慣れていきますが、私は不注意で2回ほど轢かれかけました…日本に帰ってまず感動するのが、みんな赤信号でちゃんと止まってる!!だった。
※この動画シリーズ、編集も見やすくて大好き。特に屋台の料理風景を撮影したものが最高で夫婦共々ファンです。た〜〜〜〜〜まにインドが恋しくなったら見ています。


色々なことにビビり、驚きながらなんとか1日目のホテルに到着。
この日はどこにも出かけず、すぐに眠りにつきました。

朝、ホテルの屋上ラウンジから見たデリーの街。

車の向きが全部自由な感じになってる。

ホテルの朝食バイキング。これが初インド料理でした。外国人もたくさん宿泊するホテルだからか、マサラ(スパイス)も控えめで、どれも食べやすく、美味!!朝も当然、カレー。


美味しい朝食に大満足し、いざ、デリー観光に出かけます!



次回、「さらばスマホ」お楽しみに!

スポンサーサイト

コメント

懐かし〜
インドの交通事情は日本と大違いですよね。
車の間をリキシャと三人乗り以上のバイクが警笛鳴らしながら縫うように走ってるのは、僕もビビりました。
でも現地ならではの暗黙のルールがあるのですよね。
まぁ「牛さえ轢かなければOK」という国ですからね。。。

これから何が起こるのかハラハラドキドキ楽しみにしてま〜す。

  • YOSSY
  • 2018/04/27 19:38

YOSSYさま
コメント、ありがとうございます!!
牛さえ轢かなければ、まさにそうですよね。生まれた国が違うだけで、こんなにも常識が違うということが、本当に面白いです。
きちんとハラハラ感が出せるか自信が無いですが…がんばります!ありがとうございます!

  • むっちゃん
  • 2018/05/13 21:57
トラックバック
この記事のトラックバックURL